屋根漆喰・雨樋施工|外壁塗装は戸建・マンションほか店舗・ビルなどもお任せ下さい

屋根漆喰・雨樋施工

屋根漆喰(しっくい)・雨樋施工

屋根にあるのは瓦だけではありません。特に鬼瓦を支える漆喰や棟面の三日月漆喰などは、常に雨風に晒されており、年月を経ると共に劣化していきひび割れや剥離を起こして、やがてなくなってしまいます。そうなると雨水の浸入を防ぐためや魔除け意味もある鬼瓦が落下してしまったり、棟面の三日月漆喰についても同様に雨水の浸入を防ぐ目的があるものが風化して消えてしまったりします。
また、当社では併せて雨樋軒天の塗装ハフの板金施工なども行っております。一度ご自宅の屋根を見上げてみてください。漆喰や雨樋は傷んでいませんか?施工からあまり年月が経っていなくても、風の強い日や台風の影響などで漆喰がはがれてしまっていたり、雨樋が壊れてしまっていたりすることがあります。

漆喰(しっくい) (施工例)

漆喰を塗ることで鬼瓦を支えたり、鬼瓦の隙間や棟面からの雨水の浸入を防いだりします。
意外に目に付かないようで、劣化してしまっているお宅をよく見かけます。
まめにチェックをして雨漏りや鬼瓦の脱落などを未然に防ぎましょう。

漆喰(しっくい) 施工前 漆喰(しっくい) 施工後
     
漆喰(しっくい) 施工前 漆喰(しっくい) 施工後
お問い合わせはこちら
▲このページの上に戻る

雨樋 (施工例)

雨樋は傷んでいませんか?夏の炎天下では、プラスチックの雨樋などはゆがんでしまったり、強風や台風などで何かが飛んできて当たって壊れてしまうという例も意外に少なくありません。
また、普段からそう見ない場所でもありますし、雨の日は雨樋が壊れてその隙間から流れているのか、はたまた単に雨量が多くてそう見えるだけなのか、なかなか区別はつきにくいものです。

雨樋 施工前 雨樋 施工後
雨樋受けが錆びて茶色くなっているのが見えますでしょうか?交換の合図です。   ステンレス製のものに取り替えました。あなたの家は大丈夫ですか?
雨樋に枯葉やゴミが溜まると、流れが悪くなり溢れた汚水により外壁汚れや劣化の原因となります。
雨樋 施工前 雨樋 施工中 雨樋 施工後
枯葉が溜まり、藻・コケが詰まっている状態。   まずは溜まったゴミをキレイに洗浄し、取り除きました。   枯葉やゴミがたまらないよう、ネットを取り付けました。
お問い合わせはこちら
▲このページの上に戻る

軒天 (施工例)

この写真は、玄関の軒下の天井が長年の雨や風の影響で、雨水がしみこんで剥がれてしまっていたものを、古い物をはがし取り、新しい板をあてて塗り直したものです。
いつも何気なく通る玄関ですが、綺麗になっていると気持ちの良いものです。

軒天 施工前 軒天 施工後
お問い合わせはこちら
▲このページの上に戻る

ハフの板金施工 (施工例)

ハフとは写真の矢印の部分です。昔ながらの日本家屋には必ずと言っていいほどあります。ハフは木製であり、その質にもよりますが日中の寒暖の差で伸縮が割りと激しい部分です。そうすると、その伸縮についていけない塗装面にヒビが入り、めくれてしまう場合があります。
当社では、ハフの板金施工をお勧めしております。板金工事は塗装よりも少し高いですが、塗装よりもずっと長持ちをします。塗装をして数年後にまた同じ金額で塗装を繰り返していくよりも板金を施工して長い年月綺麗なハフが続いたほうがよいという方が多くいらっしゃいます。

ハフの板金施工 施工前 ハフの板金施工 施工後
お問い合わせはこちら
▲このページの上に戻る
塗替えのことなら当社にお任せ下さい!
安心・丁寧な施工をさせていただきます。

「ペンキ屋です.com from.ナカムラ塗装」
〒486-0912
愛知県春日井市高山町2-10-4
TEL&FAX:0568-36-0765
E-MAIL:penkiyasan66@ybb.ne.jp